YAPC::Japan 運営ブログ

YAPC::Japan各開催地の情報などをまとめていきます。

公立はこだて未来大学までのアクセス方法について

YAPC::Hakodate 2024 広報担当の id:papix です.

YAPC::Hakodate 2024への参加を検討している方の多くが, 「函館市街から, 会場となる公立はこだて未来大学まで, どのように移動すればよいか?」という点が気になっているのではないか, と思います. まだ調整中の点も多いのですが, 現時点で決定している事項について取り急ぎお知らせさせて頂ければと思います.

公立はこだて未来大学までのアクセス方法

送迎バス

函館市街と公立はこだて未来大学の間は函館バスによる路線バスが運行していますが, 運行本数が少なくYAPC::Hakodate 2024の参加者を運ぶのは確実に困難であることを鑑みて, YAPC::Hakodate 2024の運営チームにて, 専用の送迎バスを手配いたします.

送迎バスは以下の通り運行します:

  • 往路(朝): 函館市街 → 公立はこだて未来大学
    • YAPC::Hakodate 2024の開始に間に合うよう運行します
    • 出発地点については現在調整中ですが, 路面電車(函館市電)でアクセスが容易な場所になる予定です. 詳しくは決定し次第お知らせします
  • 復路(夜): 公立はこだて未来大学 → 懇親会会場(函館駅前付近を予定しております)
    • YAPC::Hakodate 2024の終了後に運行します

現時点で, これ以外に送迎バスを運行する予定はありません. そのため, YAPC::Hakodate 2024に遅れて参加する場合, あるいは終了前に函館市街へ移動する場合については, 各自でタクシーもしくは公共交通機関(路線バス)の利用をお願いいたします.

送迎バスの乗車チケットについて

送迎バスの台数, 及び乗車可能人数に制限があるため, 事前にYAPC::Hakodate 2024の参加チケットとは別に, 送迎バスの乗車チケットを販売します.

乗車チケットの販売開始の時期, 販売方法, 料金(有料販売か無料販売かの決定を含む), 当日の具体的な乗車場所/降車場所, 運行時刻及び乗車方法については, 決定し次第周知します.

タクシー

タクシーで公立はこだて未来大学まで移動した場合の運賃の目安は以下の通りです(あくまで目安であり, ルートや道路状況によって料金が変動する可能性があります. また深夜の場合は, 別途深夜割増料金が必要になる場合があります).

  • JR函館駅から ... 約3,500円程度
  • 函館空港から ... 約4,000円程度
  • 五稜郭電停から ... 約2,500円程度
  • JR五稜郭駅から ... 約3,000円程度
  • JR新函館北斗駅から ... 約6,000円程度

自家用車/レンタカー

自家用車やレンタカーを利用する場合は, 絶対に飲酒運転をしないようお願いいたします!!!

参加者は, 公立はこだて未来大学の駐車場を利用することができます.

正面玄関前と大学建物東側の駐車場は来客者用駐車場として指定されており, こちらに駐車することができます. 来客者用駐車場が満車の場合は, 大学建物北側の学生用駐車場に駐車してください. いずれの駐車場も駐車料金は不要です.

なお, 会場が教育機関であること, 車で参加する方がいらっしゃる可能性があることを鑑みて, YAPC::Hakodate 2024の本編会場(公立はこだて未来大学)における飲酒については, その一切を禁止とさせていただきます(屋外での飲酒もご遠慮ください). あらかじめご了承ください.

公共交通機関

公共交通機関(路線バス)を利用して公立はこだて未来大学に向かう場合のアクセス方法については, 公立はこだて未来大学の「アクセス」ページをご確認ください.

www.fun.ac.jp

但し, 開催日となる土曜日は路線バスの本数が少なく, 乗り継ぎが必要な場合が多くなっておりますのでご注意ください. また, 地元の方も利用される路線バスとなっておりますので, なるべく送迎バスやタクシーを利用していただきますようご配慮頂けますと幸いです.

まとめ

YAPC::Hakodate 2024の会場となる, 公立はこだて未来大学までのアクセス方法についてご紹介しました. 改めて簡単にまとめると,

  • 送迎バスを用意します. 詳しくは決定し次第周知します
  • そのほか, タクシー, 自家用車/レンタカー, 公共交通機関(路線バス)もご利用できます
  • 但し, 公共交通機関(路線バス)は本数が少なく, 乗り継ぎが発生する場合もあります

となります.

今回は函館市街からの移動に関しての話題を取り扱いましたが, 今後毎回恒例の「函館まで向かう方法」についてご紹介するエントリも公開する予定です. これらの情報を活用しつつ, YAPC::Hakodate 2024に参加する計画を建てていただけると幸いです.